街道沿いの古民家再生

街道沿いの古民家再生が竣工しました。
築約100年の古民家と築35年の和住宅の並立お住まいです。

築100年の主屋は一部が沈下しつつありましたが、頑丈な構造体で持ちこたえているという状態でした。
築35年のお住まいはしっかりしており、傾きなどもほとんどありませんでした。
この度、先代から引き継がれた世帯主が、もう少し今の生活に合って快適に過ごせるようにリフォームすることになりました。

こちらは、吹抜けの玄関ホールと板間。
北側の板間は採光が少なくうす暗い感じでしたので、2階の光を採り込み、塗り替えた白漆喰と相まって、開放的です。お客様をお迎えするのに素敵な空間になりました。

改修前後はこんな感じです。

こちらは、主屋の和室。
長くお使いになられた建具と調和し、落ち着いた空間です。

築35年のお住まいは、これまでの小屋裏空間をあらわし、天井に杉板を張りました。壁は漆喰に黄弁柄を混ぜてベージュ色に仕上げました。
すごく温かみのあるLDKになりました。

改修前後はこんな感じです。

洗面化粧台にはこれまで使用された三面鏡を用いました。

築100年のお住まいの2階の床板は、施主様が将来張られるとのことで下板までの施工です。

お施主様が末永く、快適に過ごせるお住まいになればと、心より願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です