MENU
先祖が山に苗木を植え、先代が下刈り、枝打ち、間伐と手塩にかけ育んだ木は、 苗木から約100年の歳月を経て成木になりました。

その成木を、自らの手で、伐採・製材・自然乾燥を行い、「すまいづくり」の材料とします。

すまいとは、家族が健康であり、快適であり、幸せに暮らすことができる空間。

長い年月をかけて大きく育った木で、自然の恵みを受けて生きている木で、 そんな空間をつくりませんか?

Construction   Flow   Specification